読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

改めまして。

Deer氏が"スマートフォンから見やすい方が良いのではないか"ということからFC2から乗り換えたHatena Blogでの初記事になります。

 

今回は私の愛機『ソニー α6000』の簡易レビューを。(今更)

明るさはスタンドライトのみの部屋で、いずれの写真もα6000+E PZ16-50mm+三脚で撮影したRAWをCapture One 8(for Sony)の初期設定で現像したものです。

 

100                   200

f:id:deerbird:20150926221653j:plain    f:id:deerbird:20150926221652j:plain

400                                                                  800

f:id:deerbird:20150926221652j:plain    f:id:deerbird:20150926221652j:plain

1600                                                                3200

f:id:deerbird:20150926221652j:plain    f:id:deerbird:20150926221652j:plain

実際、等倍であってもISO1600まではノイズ感もほとんどありません。

このISO3200あたりから等倍で『あ~ノイズ出てきたなぁ』と感じ始める感度です。

 

 6400                                                               12800

f:id:deerbird:20150926221652j:plain    f:id:deerbird:20150926221652j:plain

ISO6400もブログのようにリサイズして貼ることが多いものであれば使えるかなぁといった具合です。

CaptureOne8の撮って出しなのでもう少し詰めて設定すればISO12800までなら使えますかね。。。

 

25600

f:id:deerbird:20150926221652j:plain

ISO25600は流石に厳しい物がありますが、私は綺麗さに拘って"手ブレする"・"被写体ブレする"よりも高感度ノイズを許容しようと考えていますので。。。

というわけでα6000はファストハイブリッドAF対応レンズだとある程度の動体も追えるAF性能な上にISO3200なら常用しても問題無いかな?な高感度性能なので一眼レフを持っている人のサブにもオススメ出来るカメラじゃないかと思います。

私も以前は一眼レフを持っていたのですが"この小ささでこの性能なのか!"となり今ではα6000一台で撮影をしています。

レンズに関しては望遠域が弱いですが、広角域に関してはE16mm F2.8フィッシュアイコンバータ魚眼撮影と広角撮影を出来る装備を揃えることが出来ます。

 

E16mm+フィッシュアイ

f:id:deerbird:20150927003648j:plain

魚眼レンズというと高価なモノが多くAFが出来るものになるとかなり限られます。

そんななか上記したE16mm F2.8+フィッシュアイコンバータですとソニーストアで揃えても45000円ほど。(価格コムの最安店でなら37000円ほどですね)

流石に画質は"魚眼レンズ"として売られているものには劣るとは思いますが。。。

付ければ魚眼、外せば換算30mm広角レンズというのは扱いやすくておすすめです。

 

 

 

F-04G

f:id:deerbird:20150926230914j:plain

α6000と同じ環境で自分が所有しているARROWS NX F-04Gで撮影した写真で、ISO2429になっていました。

MSM8994が熱いと巷で問題になっていますが実際熱いです、と言ってもAPQ8064Tのダウンクロック版(Nexus7)とを放射温度計で測りましたが1~2度程度F-04Gのほうが熱いほどの差でしたので実用上は問題無いかと思います。

F-04Gの有名どころのベンチマークを回した結果です。

     f:id:deerbird:20150926234316j:plain       f:id:deerbird:20150926234319j:plain

良くもなければ悪くもないといったところでしょうか。

個人的にはXperiaが好きなのですがFMトランスミッター・生体認証がZ4には無かったのでF-04Gです。Xperia Z5がドコモ冬春モデルの発表会で発表されそうなので機種変更も・・・(Z5は生体認証が付きましたからね)

余談ですがF-04GはPREMIU 4G(225Mbps)対応なのですが、先日発売されたiPhone6s/6sPlusは262.5Mbps対応というのが納得に行かないのですよね。。。

F-04Gに搭載されているチップも60MHz幅・3波CA・カテゴリー6で300Mbpsまで対応している上に700M・800M・1.5G・1.7G・2.1GHz対応でiPhoneの対応周波数+1.5GHz帯で周波数的にも対応しているはずなのですが・・・